7/26 セーラのおでき

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 18:38

 

 昨日セーラのあごのあたりの毛に血がついていたので見て見たらあずき大のできものが付いていて

 それが破裂したらしく 赤く血が出ていました

 引っ張ったけれど傷のあとのかさぶたみたいな簡単に取れるものではなく 取りあえずお水で洗って 

 さてマキロンで消毒していいものか

 

できている場所

洗って見てみると結構大きかった

 

 どっちにしてもうちでどうにかできるものではなさそうだし病院に行って処置してもらわなければならなさそう

 大事な顔の毛を刈ってしまうと秋のショーに出られなくなってしまうので手術と言うのも うーん

 じゃあ部分麻酔で取ってもらおうか

 取りあえず先生のご意見を聞く事に

 

 先生は「多分おできだから取ってしまえばなんでもないと言うようなもの」だそうですが

 たとえこんな小さい物でも切って取り傷を縫う手術なら部分麻酔では可哀想とおっしゃった

 無麻酔でやる方法の一つにリンゴの芯抜きの鉛筆ぐらいの細さの器具で部分麻酔でくりぬいて 

 周りを縫う方法もあるけど先生がおもちの器具では8ミリが一番太く 当ててみたのですがおできはそれ以上の

 大きさがあり たとえその上の10ミリの器具でも入らなさそうでした

 もう一つはお出来の元を糸でしばって壊死させて自然に落ちるのを待つ方法

 これは取れた後を縫うわけではないから 取れたあと肉芽が上がって来て治ったとしてもそこは毛が剥げてしまう

 そうです

 うーん 剥げてても小さいので他の毛が伸びてくればわからなくなるとは思うけど

 あとでやっぱりって思っても嫌だし 他の子だったらそれでよかったんだけれどまだ現役だからちゃんとしたい

 なんでできた子がセーラだったのかなあとうらめしく思いました

 結局全身麻酔で切る事に

 先月ちょうど10歳前の健康診断をしたばかりで血液検査も異常なしでしたので麻酔の心配もなくできます

 顔の毛は伸びるまでに時間がかかるので 先生には極力毛を刈らないでと言って預けました

 そして

 

 

  先生はほとんど毛は刈ってないとおしゃって 傷の長さの割に細かく縫ってありました^^

  ついでに爪も切っていただきました

  セーラは爪切りが大嫌いで普段も大騒ぎになるのです

  もちろん取ったものを生研に出していただきました

 

  昔これよりもっと小さいものが肩にできてて その当時かかっていた病院では単なるおできだと言う診断で先生の

  考えで部分切除しレーザーで焼く処置をしていただいた子が 

  その後切ったあとからできものが猛烈な勢いで戻って来て3倍ぐらいになりそれもまた切除

  その後首の付け根のリンパ節に転移し 肩の筋肉までごっそり取る手術までしたけれどリンパ腺から全身に転移し

  なくなりました

  最初に取った小さいおできが何なのか検査して再手術してもらっておけばこんな事にはならなかったと言う苦い

  経験になりました

  それからはどんな小さいものでも検査に出してどんな物なのか 細胞なら良性か悪性化 きちんとわかっておくよう

  にしています

  

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    スポンサーサイト

    • 2017.11.24 Friday
    • 18:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM