6/22 ジニーのお産

  • 2018.06.23 Saturday
  • 00:33

 

 先週59日目で病院にレントゲンを撮りに行き4匹と言う事でした

 その際子犬の陰が薄いので「まだお産は大分先になるよ 多分来週末あたり」と先生はおっしゃった

 って事はあと1週間もある 65日を過ぎるって事?

 先生がおっしゃるようにそれから全く産む気配がありませんでした

 事前に診察を受けて先生の見解も聞いていたのでよかったですが それがなかったら相当やきもき

 している月数です

 それにしてもさすがに66日目となるとあまり安心もしていられず取りあえず今日またレントゲンと

 エコーで子犬の骨格と心臓の鼓動を確認

 今度は少しはっきりと写り あら 子犬が1匹増えておりました

 

 体重が1週間前より500グラムも減り・・・えっ どうして?

 ここ3日ほとんど食べてないからな 不安因子がまた1つ増えた

 先生は画像をみてまだ子犬は産道近くにも来ていないし 生まれる直前はもっと骨一本一本までくっきり

 と見えるはずだしお腹も張ってないし お産はまだじゃないかなとおっしゃった

 取りあえず今日のお昼は手術が入っているのだそうで

 切るなら明日と言われ待つしかありません・・・

 

 小さいジニーより更に小さいメグちゃんは母子の安全を考えて最初から帝王切開でと決めていたのですが

 子犬は120と140ですごく小さかった

 ジニーはどうなんだろう

 色々な方に見てもらって産めるかどうか意見をお聞きしたら

 このぐらいの大きさでちゃんと産んでるよと言っていただいたし 自力でお産に臨ませる事に決めました

 それにしても子犬が大きかったらお産も大変になる

 シンシアの子犬が途中で詰まって圧死したトラウマがあって 子犬は大きく育たないようにとあまり過度な

 栄養をつけずに今日まで来ました

 

 それにしてもものを全然食べないしお水を飲んでいる形跡もないからなんかぐったりしているように見えて

 これじゃお産になっても力がでない

 お昼に皮下点滴をしました

 それと何をあげても口をつけないのではちみつを勧めたら喜んで結構沢山舐めてくれました

 明日まではとにかくじっとその時を待つしか選択肢がない・・・

 点滴入れたからか夕方には少し元気が出て来たみたいでよかった

 夕方からさらにソワソワし始め あー今晩お産になるな

 そうすると明日の昼の帝王切開にはなし

 もし何かあったら夜間救急だな

 

 夕方再度先生にレントゲンの画像を見てもらい子犬の大きさを確認したら 掌に収まるるぐらい小さいよ

 と言う事で決心は更に固まり ジニーの力を信じる事にしました

 

 明日は月1のフリースドッグのおけいこがあり それが終わったらそのままルビー・エラン・ジョエル君

 が出場予定のショーに行く事にしていたのに 

 お産ばかりは予定通りにいかないし 気がもめる〜

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM