5/18 今年のバラ

  • 2018.05.18 Friday
  • 22:21

 

 今年は花が早い

 バラも御多分にもれずもう満開で散り始めているものもあります

 例年だとバラ展に行ってから咲き始めるのに

 忙しくて手入れも間に合わず虫がついてしまい花芽をずいぶんダメにしてしまいました

 それでも咲いてくれたいくつかをご紹介

 

かおりかざり 沢山固まって咲きます

クレアオースティン

お友達に刺し芽していただいた うーん 名前忘れた ブルーのバラです

フリルがかわいいサーシャ

アマンディーンシャネル

今年はこんなにたくさん咲きました

小さい可憐なバラ ステファニー グッテンベルク

 

去年どこかの庭で見た時にひとめぼれし 去年買って植えたキャットミントがようやく咲き始めました

 

玄関前がやっとバラのアーチらしい格好になってきました ピエールドロンサール

 

それにしても純和風の我が家 バラは似合わないなあ

 

  

  バラの手入れをしている間は苦しい心も癒す事ができます

  バラは枯れてもそれほど落ち込まない

  また同じものが買える

  犬は具合が悪くなると本当に心配でぐっすり眠る事も頭から無くす事もできません

  この子の代わりはないのだから

 

  先々週まで数値も安定し調子がよかったショコラは 8日火曜日の検診では貧血の値が23%に下がってきて

  いて 気にしていたのですが11日金曜日ぐったりしてしまったので 診察を受けると貧血の値が15に

  なっていました

  それにしても先生も予想もできないぐらい一気にさがってしまって今すぐ手当しないと危ない数値

  先生は明日また輸血しましょうと言われたのですが 明日まで待ってて容態が急変する事も心配され 

  私の一存でその晩やっていただく事に

  お忙しい先生に夜までご負担をかけるのがはばかられ 夜間救急でやっていただく事にし そのまま病院に

  直行した

  主人に献血要員のルビーを連れて来てもらい その晩輸血してもらいました

  輸血後の朝の数値は28 

  取りあえず危機は脱して家に連れて帰ってきましたが

  折角輸血して上がった数値も14日月曜日にはまたぐったりし 計った数値は20に落ちていました

  どうも腎臓のせいだけでなく どこかで赤血球をどんどん壊している状態になっているとおっしゃった

  また輸血をするようショコラはそのまま入院

  今度の輸血要員シンシアを連れて行きお昼の間に採血しました

  先生はあまりに値の下がり方が急激なので脾臓で血液を壊しているのではないかとおっしゃり 

  急遽その晩脾臓を取る手術をしました

 

  心の準備もなく決行され私の頭の中は整理がつかず・・・

  

  手術の前後にシンシアの血液を半分ずつ輸血

  同時に造血剤や一時やめていたステロイドも投与

  さらにこれか先免疫抑制剤も使ってみたらどうかと言う提案もありました

  自分で血を作れなくなってきています

  今日のヘマトクリット値 昨日の23から26にあがり少しほっとしました

  毎日数値に一喜一憂する日々

  輸血も何度もやるのはあまりよくないそうで お薬に頼らざるを得ないようです

  

 

  

  

  

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM