3/30 子犬のお迎えです

  • 2018.03.31 Saturday
  • 21:50

 

 今日はメグちゃんの小さい女の子の旅立ちです

 MATSUSHITAさまは実に1年半もお待ちくださって 小さいこの子を何の迷いもなく決められました

 最初は130グラムで生まれたメイちゃん(新しいお名前)を頑張ってみなと同じように育てようと思った

 130グラムで生まれても普通の大きさに育つ事もあるから

 けれど ある日この子はミニミニシェルティなんだと認識してからは気負いがなくなり気持ちが楽に

 なりました

 「この子にはこの子の成長のグラフがあり みんなと同じにならない」

 

 離乳食が始まった時最初は食べなくてお口に入れてあげても吐き出したり

 みんな食器で食べるようになっても自分ひとりでは食べなくて 相変わらずお膝に乗せてお口に入れて

 あげる毎日でした

 それが少し自分から食器に口をつけるようになり 一口二口と食べては遊びに行って また帰ってきて

 少し食べ そんな日々から母乳が終了する頃から食器で残さず食べられるようになりました

 今みんなと同じ量をあげても遊ばずにもりもり食べるようになり 大変だった頃を振り返って思い出す

 と頑張ってよかったなあとしみじみ思います

 MATSUSHITAさまにはゆっくりとお迎えに来ていただいたので それまで兄弟たちと走り回って遊び

 よく食べ がっしりした体付きになってきた今何の心配もなく送り出せました

 どうかよろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

 夕方またショコラの病院へ面会に行きました

 毎日朝血液検査の結果を知らせてくださっていて一日一日ほんの少しずつ数値が下がってきているのだ

 けれど 最初にエコー検査をした際に膵臓の近くに黒いものを発見しそれが気がかりでした

 仰向けになっても静かにエコー検査を受けているショコラがその何だかわからない物体のところにくると

 体をくねらせて嫌がった

 どうも痛いようだと先生はおっしゃった

 先日もその物体にくるとそれまでじっとしていたショコラが体をくねらせる

 これは一体何だろう

 それを何かを判定するためには大きな病院でCTを取らなければわからない

 今はまだ麻酔をかけられる状態ではないので今は様子を見るしかないのでした

 

 水曜日に面会に来た時はおうちに帰ってもいいですとおっしゃったけれど

 私にはどうしても元気ではないように見え CRPが19もあるのに帰ったら心配だからと言ってもう

 少し様子を診ていただく事にした

 その晩はご飯を食べなかったそうです

 今日はCRPがいきなり4・2に下がりガラス越しに面会しても目が生き生きして ケージでワンワン吠えて

 いてこの間より機嫌はよさそうでした

 状態はまだ日によってアップダウンがあり これも安心できる材料にはならないのだけれど・・・

 一日一日かなあ

 明日はジャパンインター

 ショー終了後会場から病院に寄る予定だけれど・・・

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM