3/25  ショコちゃん 退院したけど

  • 2018.03.25 Sunday
  • 13:09

 先週のフリースドッグのお稽古の日 それまで一緒に習っていたお友達が今季でやめる

 といいるスタートからずっと一緒にやってきたので寂しい気持ちでいっぱいでした

 最後だからかな 私にシェルティのフリースドッグを作ってくれました

 モデルにショコちゃんの写真を送ったのでショコちゃんにそっくりです
 ありがとうございました

 

 そのショコちゃん 昨日の朝病院からお電話があり 「ご飯をもりもり食べいい便が出たので帰っていいです」

 と連絡がありました

 長かったー

 10日の入院になりました

 でも膵炎なのに こんなに早く帰っていいのかな
 でも取り敢えずよかった

 そしてウキウキしながら夕方迎えに行き 色々薬の事とかこれからのケアの仕方など教えていただき

 朝の血液検査のデータを見せてもらいました

 炎症を示すCRPは確かに下がったけれど膵臓の値リパーゼが更にあがって8000台になっていました
先生はご飯を食べたからでしょうとおっしゃったけど

 これでいいのかなあ 

 そして連れてこられたショコラの顔を見た時 「ん?」

 なんだか元気がないように見えた

 私の顔を見たらしっぽをピコピコ振るはずだから 

 気のせいかな?

 帰る車の中でもずっと寝ていました

 入院疲れかな?

 家に帰って食事をあげたのですが 先生がおっしゃる「バクバク」とは程遠くやっと半分食べて残してしま

 いました

 やっぱりまだ変!

 明日また行かなきゃ

 

 今朝はごはんは一口も食べれなかった

 朝早く起きて パタパタと犬の世話をして身支度をしてショコラを乗せて家を出た

 元気になったと言って返してくれたはずなのに 入院する前と何も変わってない事に車の中で頭が

 ぐるぐるして 夕べから悩んで 家を出てからもずっと迷っていた

 「なんでこんなに食欲がないのかわからない」と先生も迷っている様子が心に引っかかった

 ショコラの入院の事をブログで書いたら ショコラの子チップ君デール君のママから心配して

 おうちの近所にある内分泌の病気に強い先生をご紹介してくださっていた

 「診ていただいたらどうですか?」

 病院に向かいながら頭にそれが浮かんで

 うーーん うーーーーーん うーーーーーーーーーん

 運転しながら悩み そちらの先生に診ていた方がいいのじゃないかとだんだん思い始め

 途中でUターンして自宅に戻り病院に電話して院長先生に診ていただくお約束を取り 一路東京へ

 何とか受付締め切りぎりぎりに到着した 

 今までの血液検査のデータを持参したのでお見せしながら経過をお話し 再度血液検査 エコー検査

 をしていただいた結果を見てびっくり

 膵臓の値は針を振り切り計測不能
 おまけに肝臓の数値まで上がってきていて ビリルビンまで上がり胆嚢も心配な状況でした

 最初の入院での血液検査では全く異常がなかったのに 治ったのではなく病気は別な形で進行してい

 ました

 じっくりと診ていただいた先生の見解はコレステロール値が高い事が全臓器に影響を及ぼしていると

 の事でそのまま入院する事になりました
 臓器全体が値が高く 数日は気が許せない日になりそうです
 ショコラ自体はグッタリしているわけではないのが唯一救い

 こちらの病院は夜間も人が泊まっているそうで安心です

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM