7/1 滋賀

  • 2018.07.02 Monday
  • 08:47

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 先週から預けているルビーを滋賀のショーにも出していただくよう先週会場でお願いし 

 そのまま預けて帰ってきました

 復帰したなら連続で出した方が経験値が大きくなります

 

2月のルビーのお尻 しっぽの付け根はかなりひどい

 

  今年の2月 シーズンが来ていた際ロジャーにお尻の毛をむしられ 服を着せてあったのですが

  ロジャー君 それならばと服から出ているしっぽの付け根の毛もざっくりむしってしまいました

  今年コートが上がったら出していただこうと楽しみにしていたのにがっくり

  去年も出していただきたかったのですがあいこさんが長期でアメリカ滞在していらっしゃったので

  出す機会を失いブリーディングしてしまいました

  そして今年こそと思ってたらこんなでガックリ度は半端ではありません

  6歳になった今シーズンも出せないとショーの感覚を忘れてしまいます

  完璧ではないけれど大分戻って来たところで 出していただくようお願いしました

  AIKOさんはその度ジャッジに「お尻を他の犬にかまれた」と説明

 

 

 

 

ブリード チャンピオンクラス

 

 ジャッジが見ている時だけでもお耳が出ればいいのだそうです

 

  第一回目となった先週は平場の子にオーバースペシャルで苦いスタートになってしまいましたが

  今は結果より経験が大事

  AIKOさんから「ルビーはとってもよかったです」と報告がありました

  長期でお休みする前はママのハンドリングで10頭の1グループの中1stをいただいた彼女です

  から前の感覚が戻ってきたら何も心配はありません

  先週は大きいショーで騒がしいパドックに囲まれたリンクで沢山の犬や大きな音はどうか 

  それが心配でしたが 全然気にしなかったと言っていました

  今日はインドア 

  音に敏感な彼女が一番苦手としている会場ですが今日は反響する音にも気にしている様子はなく

  やっぱり私がそういう事を排除する態度が一番いけないんだなあと

  どんどんそういう場に入れていかなければいけないんだなと思いました

  それでも全然気にしていないわけではなく お耳は寄らず問題はありましたが もともとシャイな子では

  ないからこれからいっぱい経験させれば大丈夫との事でした

 

 

    

グループ戦のルビー

  

  今日のジャッジは高橋宏美ジャッジ

  1グループは6頭でした

  1stコーギー 2sdコリー で3rdをいただきました

  

  ルビーの新しい一面を見られて インドアもチャレンジできそうで楽しみが広がりました

  耳はなかなか出ないし ラウンドは途中でギャロップするし まだまだ経験と訓練が必要ですが

  まあまあよかった

  遠い会場でしたが完全なインドアではなく外の風も入る半インドアのここドラゴンハットは

  ビックサイトなどに入る予備練習にはいいと思いどうしても出していただきたかった

 

  

  今日もジニー一家を同伴で来て途中2回授乳 

  当初は近所のブリーダーさんに預けていくつもりでしたが昨日子犬が下痢をして母乳を飲まなくなり

  病院で補液していただいたりミルクを1時間ごとにあげたりと大変でした

  夕方やっと復活してくれたのですが こんな手のかかる子犬を預けるわけに行かず連れて行く事に

  家を出発してから途中何回か休憩を入れながら5時間半で到着

  車は会場の割と近くに停められて 見に行くのもそれほど苦にはならないし 周りに散歩する

  木陰などあってよかった

 

  ジニーはご飯は食べてくれたのですがお水を全く飲んでくれない

  授乳しているし暑いから水分取ってくれないと脱水してしまいます

  フードにはたっぷりお湯をかけてふやかしたのですが 普段以上にお水は飲んでほしい

  会場のお店で何か飲み物売ってないかなと物色していたらジビエの専門のお店があって

  肉の燻製の犬のおやつが主なのですが中に鹿のスープ いのししのスープがありました

  1つ買ってジニーにあげみるとお水にはイヤってするのに大喜びでぺちゃぺちゃ飲んでくれて

  一袋全部飲んでくれました

  あとでお店の人に報告

  帰りに飲ませるのにともう2つ 今度はイノシシにニンニク(スタミナがつくそうで)が

  入っているものを買いました

  お店の方も ジニーが全部飲んだと言うのが嬉しかったらしく値段おまけしてくれて

  1つ余計に袋に入れてくれました^^

 

  さー行きはよいよい 帰りは?

  名神高速は順調に走れ気分は↑

  静岡県に入ったところで早くも横浜町田から事故渋滞の表示

  がびーん

  東名に乗ると帰りは必ず100%事故です

  2つも3つも出会う時があります

  走るにつれてその表示は距離と時間が伸びて行き 30キロ120分

  普段の帰りの渋滞に加え事故が起こるとこのぐらいになります

  横浜町田まで160分・・・

  160分って何時間? 

  ええ加減走ってきて疲れている中の最後の160分って堪えます

  長距離運転は苦ではないのですが渋滞は100倍疲れますね

  前にも書いたけれど 真っすぐ走っていればいいだけの高速道路で何で事故するかなぁ

  それでこんなの初めてだったけれど

  パトカーが「渋滞しています。 前の車との車間を十分あけ・・・どうのこうの」とスピーカーで

  言いながら走行していました

  あまりに事故が多いせいでしょう

 

  どうせ急いで帰っても長い渋滞にはまるだけだから

  SAでも犬達を散歩させたり授乳タイム取ったりしながら何度も休憩を入れゆっくり帰宅

  やっぱりお水を飲まないジニーに 買ったイノシシスープをあげたら またまた全部飲み

  3袋も飲みました

 

イノシシスープで大喜びのジニーちゃん

 

  あら 6時間 思ったより早く帰れました 

  

  

  

  

3/13 今日も館林

  • 2016.03.13 Sunday
  • 22:14
JUGEMテーマ:シェルティ

  今日は北関東インターです
  昨日より30分も遅く出発したのに昨日より20分も早く着きました
  天気の悪い日曜日の道路は空いています
  今日のパドックはコリーさんたちと一緒でわいわい賑やかになりました

  エラン君はここずっとハンドラーさんのお宅で過ごしていて
  だからどんどん洗練されて磨かれていくんだなーとあらためて納得しました
  昨年はちょっと寂しかったコートが上がってきていて充実したコンディションになってきました
  8頭のチャンピオンの中でまず4頭の中にピックアップされ BOBをいただきました
  エラン君 インターの単独で2度目のBOBです
  おめでとうございます


 
 


ピックアップされた4頭 
 
  スワンはとってもご機嫌で 前足がよく伸びよく走っていました
  今日のジャッジはアメリカ人のスティーブン・グラッドストーン氏
  見ているとコンパクトで胴の短めの子を取っていたのでスワンとタイプが違うなあと
  あまり期待していなかったのですが BOBをいただき びっくり!
  うれしい2枚目のキャシブをいただきました
  ショーが嫌いで自分で引いていた時は内へ内へ最短コースを通りたがってリードを引っ張るので
  へんな走りになって何度出してもいい結果が出なかったそれまでを思い出していました
  何が違うんだろう
  楽しそうに走っていました 

      またまた神奈川インターに続き2回目の親子でBOBをいただきました  
     
  


  グループ戦 
  牡は14頭の1グループ犬が並び エラン君はその中で6頭のピックアップに選出
  4席はボーダコリーさん 3席はオーストラリアンシェパードさんを決め
  エラン君とコーギーさんでラウンドし 1席はコーギーさんに
  エラン君は2席でした
  神奈川では3席 今日は2席 
  おめでとうございます
  このコーギーさんは今日のキングに選出されていました


 


総勢14頭



ピックアップされた6頭
    
   さてスワンちゃんも息子に負けていられてはいけません
   牝の1グループ犬は12頭
   

 
 

   牝も最後に呼ばれた2頭はコーギーさんとシェルティ
   最後に2頭でラウンドをリクエストされスワンは1席をいただきました
   

1席決定の瞬間
 

   さて今日も最後まで残ってしまいました
   お昼間は昨日より風がない分暖かく感じましたがさすがにこの時間になると寒いです
   折角風邪が治ったのにまたぶりかえすぐらい
   何しろBISジャッジはスロベニアの方
   みんなスロベニアがどこにあるかわかりませんでしたがが多分ヨーロッパの方でしょう
   クイン戦がヨーロッパジャッジではスワンは難しいと最初からわかっています
   クインはスタンダードプードルさんでした
   アウトドアでスワンちゃん 超ご機嫌なのが何よりよかった
 



   
   
   出番以外の時間 開いたリンクで連れて来たロジャー君のショーの練習をしてみました
   リンクに入った瞬間はびっくりしていましたが すぐ慣れて私の横を付いてアップダウン ラウンドが
   できました
   お顔もきれいにしていただいてロジャー君はスタンバイOKです
   問題は少しもお勉強が進まないジニーちゃん

 

 
   今日はMURATA杏ちゃんが2時間もかけて応援に来てくれました
   たくさんの犬や騒々しい会場に初めて来てもおどおどする事もなく堂々としたもので
   ママのココちゃん譲りの度胸の持ち主でした
   お顔や足の周りをカットしてすっきりしてもらいました
   来てくれてありがとうございました
   
   みなさん 応援ありがとうございました
  
杏ちゃん

   
   
   

12月21日(日)のにっき part2

  • 2014.12.22 Monday
  • 18:55
JUGEMテーマ:シェルティ

  東京インター 続き

    さて昨日に続いてエントリーのショコちゃん
    いつものショコちゃんだったら二日目は疲れきって集中ができないのですが やっぱりお預け効果が
    あったのか 朝からテンション上がりっぱなし
    ブリード審査では 牝のチャンピオンクラスは8頭のチャンピオンと下から上がったウイナー犬を含め
    9頭のエントリーがありました
    昨日とメンバーも少し違うしジャッジも頭数も違います
    自分でハンドリングするより見ている方がずっと緊張するぅ・・・
    心臓のドキドキが聞こえるぐらい緊張して見つめていると
    ジャッジさんはチャンピオン中からショコちゃんと3頭をまずピックアップ
    その中で今日もBOBをいただきました
    日本のショーで2番目に大きい東京インターでBOBをいただいたのは生まれて初めてでした
   
 

                       チャンピオン牝クラス
 

3頭のピックアップ  

      
      さて午後の1グループ戦
      ジャッジはシェルティの審査をした同じミーナ・リーサ・コルテスさん
      今日のショコちゃんは午後になっても集中が切れません
      耳も常に寄ってよい感じ
      11頭の1グループ代表犬の中で1stをいただきました
      去年の神奈川インター以来2度目の1st 嬉しい結果になりました

      
     
      さてさて予想もしていなかった結果でクイン戦まで残る事になり 昨日も1日だったし集中は持つ
      のかと心配しましたがここでもショコちゃんは軽い走りは衰えずしっかり集中してこれまたいい感じ
      ジャッジはスペインのラファエロ・マロ・アルクードさん 
      ジェスチャーたっぷりの明るいユニークな方でした
      ここまで残る子達は皆マナーも本当に素晴らしく粛々と審査は進み 10グループの代表が並ぶ中
      ピックアップが始まり ジャッジさんはまず一番トップに並んでいたショコちゃんを指差しました
      え? え? えーー!  
      見ていた私の頭の中は解析不能状態です
      他にブルドッグとボルゾイが選出され 3頭並んだ後 足の速いボルゾイが先頭に1頭ずつラウンド
      をしてショコちゃんは中央に並び
      最後にジャッジさんはクイーンのリボンをギャラリーに向かって高々と差し上げてからあい子さんの
      方に向かってまっすぐ歩いて来たのが見えた瞬間 リンクサイドで動画を撮っていた私は途中で飛び
      上がり(後で画像見たら肝心なリボンをもらった所が写ってなかった)
      「たいへんな事が起こったぞ!」 ぶつぶつ言いながらショコちゃんのところに駆けつけました

 


それぞれのグループ代表犬が並びました


最後までしっかり集中






3頭ピックアップ
 

      親の予想をはるかに越えファイナルのステージまで来てしまいました
      キングのドーベルマンとのベストインショー戦になりました
      今日の全出陳数はパピーも含めて1273頭 
      ここまで残っただけでも奇跡です
      牡のキングが先にリンクイン 
      あとからショコちゃんもよいフットワークで大きくラウンドしキング犬と並びました
          ベストインショーはキングが取り ショコちゃんはベストオポジットセックス(BOS)でした
      

                      BISS戦

 
                        終わって  「お腹すいたー」
      
                         
     
      今日は結局3回もお立ち台で写真撮る事になりました
      ブリード グループ そしてBOSで
      最初は元気よく台の上に乗ったショコちゃんも さすが3回目となるとイヤイヤで
      「さっきも撮ったじゃん」
      いくら名前を読んでもおもちゃを投げても耳が寄りません
      せっかく こんな大きい賞をいただいたのだからいいお顔で撮ってもらいたい
      私もこんな機会はないだろうとショコラの後ろに立って一緒に撮ってもらうつもりだったのですが
      急遽呼び込みにまわり大きな声で一言
      「ご飯だよ!」
      と叫んだらきゅっと耳が寄ったので 周りのみんなは大爆笑
      撮影は無事OKとなりました
      こんなに勝ち進むと思わなかったからご飯はずっとお預けのままに
      お腹空いたよね
      終わって急いでトイレを済ませご飯とお水をあげたら一揆に食べてスースー寝てしまいました
      今年はいっぱい頑張ったね
      お疲れさま 
      さあ帰ろうね みんな待ってるよ

      今年最後のショーも終わりました
      AIKOさん 今年も一年お世話になりました
      素晴らしい夢を次々叶えていただいて本当にありがとうございました 
      応援していただき拍手を下さったみなさま ありがとうございました
      お言葉をかけていただいた方 本当にありがとうございました
      また来年会場でお会いしましょう

 

 


       ショコちゃんはエレナママのお腹に入ってアメリカからやってきました
      7匹も粒よりの女の子ばかり生まれ 生後2ヶ月になってもどの子を残すか決められませんでした
      夜も目が覚めたり 日中も仕事が手につかないぐらい散々悩んでショコちゃんを我が家の子に決めました
      nishimoto家に行った姉妹のターニャちゃんは早くから頭角を現しあっと言う間にJKCチャンピオン・
      コリークラブのグランドチャンピオンまでになり特別展で日本一にもなりました
      ショコちゃんは晩生で2歳過ぎてからゆっくり開花
      姉妹で大きな花を咲かせたのでした
      9歳を過ぎて尚衰えを知らず咲きつづけています
      
      
 

12月21日(日)のにっき

  • 2014.12.22 Monday
  • 14:23
JUGEMテーマ:シェルティ
 
 昨日に引き続きビックサイトで東京インターです

   今日はいいお天気でした
   ショコちゃんが帰ってくるので今日は車で出発
   年の瀬だからでしょうか
   車を運転しながらこの一年介護と看病で明け暮れしたことを思い出したり
   昨日のBISSを始め今年はこんなに沢山よい賞をいただいて本当にありがたい感じたり
   先月お友達が書いてくださった部会のお祝いのコメントに「フェアリーちゃんが見守ってくれていたからで
   すね」っていう言葉にジーンと心に染みた事を思い出し 
   ちょうど通過中のベイブリッジから大好きな横浜ベイエリアの風景が目に入り 耳からラジオの「きよしこ
   の夜」の歌が聞こえてくると熱いものがぐっとこみ上げてきました
   そんな色々を考えていたら慣れているはずのビックサイトへの道を曲がりそこねてはるか先まで直進して
   しまいました
   今日一日まだあるのに 朝から心も体も緩んでしまいました
   今日は今年最後のショーだから お会いするみなさんとわいわい楽しく過ごしたいと会場入りしました

   シリウス君ご一家 エラン君ご一家と久しぶりに再会
   今日のジャッジはアメリカのミーナ・リーサ・コルテスさん
   キビキビとした無駄のない審査をされる方でした
   最初はジュニアクラスのシリウス君
   シリウス君は明るく元気すぎて私では彼のよいところを出せないのでハンドラーさんにお預けして引いて
   いただく事に
   今日は初めて外野からシリウス君を見る事ができました
       私が引いていた時とは比べものにならないぐらい落ち着いて堂々としていまし
   レオ君を引かせていただいた時にも感じたのですが 私は女の子ばかり引いてきたので男の子を引くって
   難しいと痛感しました
   シリウス君はクラスで1席になりウイナー戦でリザーブウイナーをいただきました
   ハンドラーのMIYAMOTOさんありがとうございました
   FIJIIさん シリウス君 おめでとうございます

         写真撮ろうと思ったらカードが入っていなかった・・・   
   ガーン こんな大事な時にまたまたやってしまいました
   仕方がないのでipadで撮る事に
   画像が悪いのを覚悟しました
 


わき目をふらず集中しています(一番先頭)


ウイナー戦 一番後ろの子がウイナーで一番前のシリウス君がリザーブ


 
   
      

  
      次はチャンピオン牡のエラン君
      nishimotoのパパとの息もぴったりあってアワードをいただき 思わず大興奮
      エラン君 チャンピオンに上がってからしばらくはただ出場するだけだったのですが それでもご家族
      のみなさんは満足してくださり毎回エントリーするのを楽しみにしてくださっていましたが
      年を経るごとにどんどん充実してきてこの頃はピックアップされる回数も多くなりました
      生後5ヶ月からnishimoto家でお世話になりショーチャレンジしてきて 色々苦労した事も思い出し
      ご家族のみなさんも私達も感無量でした
      nishimotoパパママありがとうございました
      unrinさん エラン君おめでとうございました

 
エラン君 中央



つづく






 

 

12月20日(土)のにっき

  • 2014.12.21 Sunday
  • 22:50
JUGEMテーマ:シェルティ

  土日東京ビッグサイトでショーでした
 

    いよいよ今年も押し詰まり最後のショーは土日でジャパンドッグフェスティバルと東京インターがありました 
           雨が時々降る寒い一日でした
    犬を連れないのならと電車に乗って行きました
    11月の部会が終わってそのままハンドラーのあいこさんにお預けして管理していただいていたので
    ショコちゃんに会うのは久しぶりでした
    12月に入ると宅配の荷物が混雑するしハンドラーさんのところへの輸送が心配だったので思い切って
    そのままお預けする事にしたのです
    太めだったウエストはみごとなまでに引き締まり筋肉質なよいボディになって カラーも真っ白
    動きは軽快になり9歳なんて感じさせないぐらいにまで仕上げてくださいました
    1ヶ月でこんなに痩せられるならママも一緒にあいこさんの家にお泊りしたくなりました 

    今日は単犬種本部展 30頭のシェルティの出陳がありました
    ショコちゃんの出る牝のチャンピオンクラスは5頭
 


 

 

    ショコちゃんは中からピックアップされベストビッチになりました
    今日のシステムは単独展と同じなので最後牡のベストドッグとでBISS決定戦に出て 部会に続きまたまた
    BISSをいただきました
    一度でいいからリンクの中で写真撮影をしていただきたいなあと思っていたのですが(リンク内での写真撮影
    するのはジャパンインターの単独システムか単犬種本部展のベストだけなんです)思いが叶い夢のようです

    ショコちゃんを1ヶ月間おあずけし 主人と寂しいねと言っていたのですが思い切って預けてよかったな
    
 


念願のリンク内での記念撮影
 
 


一緒のパドックの右レイチェルちゃんと奥マギーちゃんと仲良く



 
    
     
    
  
    
    

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM