1/20 ショーの続き

  • 2019.01.21 Monday
  • 13:24

 

 朝は陽が出てよいお天気だったのに

   ショーの最中はお日様が迫ってきた雨雲に隠れて気温が急降下

 寒くて歯ががちがち言う程 体も固まっちゃって ハノンと座っているとそのままの形に硬くなって

 立ち上がるのが大変なぐらい

 待っている間時折パラパラと雨が落ちて来ていましたがショーの間はなんとかいい状態でできました

 その後だんだん風が出て来て テントが飛びそうになったのでパドックのテントを畳みました

 写真をと思ってお立ち台のところに行くとさらに風はすごくなってて 

 テントの中でライトを当ててのお立ち台だったのがみんなで柱を支えていても飛んでいきそうで 

 テントのバタバタと言う音でハノンが怖がりテントに近づく事もできず写真撮影を断念 うー残念

 それ以後また見に行くと撮影所のテントは飛んで 撤去されていて 台を飾っていたお花の花びらが

 全部飛んで無くなってしまったそうです

 それで外での撮影になりましたが 立っているだけでも飛ばされそうなすごい風で

 ハノンが風をも怖がって(風が吹く事によってビュービューすごい音がするのです)いたので 

 うーーーー外でも無理! ざんねーん!!!!

 

 さーいよいよ車が困った

 よく見たらエプロンのポケットに穴が開いていてそこから落ちたみたい

 JAFに連絡したらJAFでキーを作る事はできないし ドラマで見ているようなキー無しでエンジンだけ

 かけるなんて事もできないそうで

 それではと鍵の救急みたいなところにかけたら うちのタイプの車は盗難防止の何とか

 (イモなんとか?)とか言うのがついていてキーは作れないとの事

 キーが作れなかったら車は動かせないと言う事? え?それじゃ帰れないじゃん

 頭の巡りが悪い私にも事の重大さがだんだんわかってきて  どうしょう・・・

 ディーラーのいつもの担当者の方に連絡したら犬と私は別に帰ってJAFに営業所まで車を運んで

 もらうしかないとの事

 アメリカでパスポートを無くした時以来の大ピンチです

 

 取りあえず自分と犬が家に帰るため主人に電話して迎えに来てもらう事にしました

 車はJAFに来てもらいディーラーまでレッカーで引いてもらう事にしました

 途中まで乗せてもらえたらとハンドラーのMさんに電話したら私のパドックまで来てくださり 

 鍵を探して下さったり何かとアドバイスをしてくださったりずっと一緒にいてくださいました

 そうこうしているうちにJAFが来てうちの車の前輪をレッカー車に固定する作業を始め 

 ちょうど時を同じくして主人も到着

 荷物と犬を主人の車に乗せてていたらMさんが

 隣の駐車場まで探しに行ったらソレイユの施設の事務所が遠くに見えたそうで

 「そこに届いてないか聞いてみたらどうですか」と言ってくださったので

 パパはそっちに確認に行きました

 少しして電話があり「届いてた」

 

 ショーは駐車場の半分を借りているだけで あとの半分はソレイユの施設に遊びに来たお客さん用

 の駐車場になっていて 私がそちらに散歩に行って落としたのをどなたかがそちらに届けてくださって

 いたようです

 JAFの運搬3万と車の鍵を全部取り替え15万ぐらいを出さずにすみました

 JAFも作業が終わり それでは出発しますと言う寸前に見つかりMさんのおかげですべて解決しました

 ありがとうございました

 本当によかったー

 合鍵を作るにも車の合鍵を町で作ってもらっても ドアは開くけどそのカギでエンジンはかけられ

 ないのだそうです

 色々勉強になりました

 はー ながーい一日でした

 ご一緒したみなさん お騒がせしました💦

 JAFさん ディーラーのみなさんご迷惑かけました

 あー またまた自己嫌悪・・・

 

 当日写真が撮れなかったのでうちで記念写真

 

もらいました

ウイナースのリボン BOBリボン グループ2席リボン 単独システムBOBOのクリスタル

 

 

ハノンちゃんは誰に似てるんだろう

ハノンちゃんの血筋をさかのぼってみても誰にも似てないんだけど

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    1/20 今年最初のショー

    • 2019.01.21 Monday
    • 01:01

     

     サーシャは入院3日目で順調に回復し退院許可が下り早速迎えに行きました

     その晩の夕飯は残してしまいましたがいつものマットの上でぐっすり寝ていました

     昨年闘病したショコラは患者さんとしてはどんな検査も静かに受けられる優等生でしたが

     サーシャは嫌な事をされると噛んだり サークルに入ってても出たくてガリガリやったり

     わがままな患者さんで 病院ではさぞかし困られたのではないかと思う

     今日はパパに仕事の休みを取ってもらい留守番を頼んでショーに行かせてもらいました

     

     ハノンちゃんが9か月を過ぎ 先月からレギュラークラスに入ったので

     それからある最初のここのショーは出るのを楽しみに待っておりました

     場所は横須賀のソレイユの丘

     のんびりした会場で ショーが久しぶりのハノンにちょうどいいところと思って最初から行く

     予定にしていましたが Kさんからも単独システムにすると言うお誘いをいただきました

     チャンピオンまでリーチのジョエル君と一緒に出場

     今日はシェルティ45頭の出陳がありました

     ジャッジは丸山恭司さん

     ジョエル君はクラス3頭で1席をいただき

     1席犬が並ぶウイナー戦でもウイナースドッグをいただきチャンピオンを完成しました

     ストレートでたった4回のショーで素早く完成!!

     おめでとうございます

     

     自家繁ジュニアのメスクラスに出場のハノンちゃん

     それまで向いの公園で練習していても誰か人がいればそちらが気になって集中できなかったり

     ラウンドでもぐんぐん暴走したり

     11月に出たきりで久しぶりの出場と言う事もあって リンクに入ってどんな態度を取るか

     飼い主にもわからないドキドキです

     リンクの雰囲気に早くなれるように早めにリンクサイドに行き みんながやるのを見せたり

     色々な音や犬にもなれてくれるといいなと思っていたのですが

     今日は大人のクラスに入って初めてだから 耳を出して綺麗に走ってくれたら合格を出すつもり

     でしたが いざ本番ではしっかりと集中して立てたし 台の上でもへばりつく事もなく耳も出して

     くれました 合格!!

     でもハノンちゃんのクラスは1頭だけだったので まあこのぐらいはできるでしょう

     ウイナー戦になって6頭が並び1頭1頭アップダウンさせ 

     最後の瞬間 ジャッジがウイナー犬を決定する ここ ここで集中してほしいと言うところで

     びしっと立てて耳を出してしっかり集中 ウイナーのリボンをいただきました

     他の犬と悩んでいた様子だったところでウイナーをいただいた事はとても嬉しく

     ハノンちゃん 100点満点でした

     それで充分すぎるぐらいのできで満足しちゃって チャンピオンクラスに出るのを忘れていて

     人に教えてもらって慌ててリンクに戻り まー失敗失敗

     チャンピオンメスは2頭で その後ろに付きましたがここでもしっかり集中

     最後のラウンドもいい速度で走れました

     なんとチャンピオンを抑えてオーバースペシャルBOBのクリスタルを渡されてもうびっくり

     ハノンちゃん 何度も走るうちに気分がよくなったのか じゃじゃーん 尻尾が上がって来て 

     ジャッジにちょっと尾が高いけどと言われてしまいました^^

     今日はオスのBOBはハノンのパパ ゼット君で親子でBOBをいただきました

     

     シェルティが始まる前から気になっていた事があって

     パドック出る時から車のキーが見当たらなかった

     取りあえずリンクには行ったけれどかえってきて再び車の中 道具箱の中 ポケット バッグ

     散々探し 散歩したコースも歩いて探したたけれどやっぱりない

     そうこうしているうちにグループ戦が始まり キーが気になって犬の手入れなんか全くして

     いないまま出場

     1グループ犬は9頭

     ハンドラーが全く余裕がない中ハノンちゃんは快調

     ハノン自身でショーをやってます

     アップダウンもいいリズムででき ジャッジの前でしっかりアピール 

     お顔をジャッジに向けて「にっこり」もできました

     もうママを超えてる 今日は120点をあげます!!

     コリー コーギー とハノンが呼ばれピックアップ3頭に残り

     再度ラウンドして2席をいただきました

     今日は遅くなりたくなかったのでその中で最高の賞をいただきました

     

    ソレイユ名物 鳶の大群

     

    朝の放送で食べ物があるとわかると集まってくるので絶対に外に出さない事

    投げない事と注意がありました

    ショーの最中は2羽ぐらいだったのが こんなに集まって来て

    会場の中にも下りたり急降下したりして犬にもあぶなかった

     

     

     さてさて一番の悩みは解決していません

     それからの長い時間はまた次に

     

     

     

     

     

    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      1/10 サーシャが入院

      • 2019.01.17 Thursday
      • 22:41

       

       おとといの朝いつものように自分で起きて来て

       ご飯も完食

       今日も落ち着いていてよかったと思っていたのですが 食後いつものお気に入りの床ずれ防止マットの

       上で横になると どうも寝苦しそうで 何度も寝返りをうちフンフン鼻を鳴らしていたので

       いよいよ足の痛みが出てきたのかなと

       でも朝は普通に歩いてトイレも行ったし・・・どうしたんだろう 急に

       でも何度も鳴くので病院に痛み止めの薬だけもらいに行きました

       サーシャを一人にして出かけるのは心配でここのところずっと家にいるようにしていたのですが

       仕方ない  やっと寝たのを見計らって家を出発

       

       午前中の診察時間終了3分前ぎりぎりになんとか到着

       前飲んだ痛み止め薬プレビコックスは腎臓の数値が上がってしまったので別な薬をもらって

       帰って来てもサーシャはまだそのままの体勢で寝ていたのでホッ

       早速薬を飲ませ サーシャの横にいてもやれる仕事をやりながらチラチラサーシャを見ていると

       どうもなんかいつもと様子がおかしい

       お昼のトイレに出した時はフラフラで自分で立っていられず

       顔いろも優れない

       それが時間と共にどんどん顕著になっているように見えました

       堀先生の診察は明日だけど それでは間に合わないような様子でした

       とにかく診ていただかなければ心配な状態なので 車に乗せ今日2回目の辻堂行き

       

       車の中では乗せたままの状態で全然動けませんでした

       受付で「ぐったりしています」と伝えるとすぐ先生が出てきてくださり

       診察台の上に乗せてもサーシャは横になったままでした

       そういえば体が熱いみたい 熱を計ったら40℃もありました

       色々検査をしていただいた結果 レントゲンでは右肺に白いモヤモヤが広がっていて

       白血球の値が28000 CRPは20を超えていました

       先生の診断をいただく前にレントゲンを見て「肺炎」になっているとわかります

       当然ですがそのまま入院になりました

       ここの病院に入院するのは初めてでしたが 夜は入院犬がいても無人になるそうです

       プラス2万円で獣医士が泊まってくれると言ったのでお願いしました

       

       昨日の電話では朝は入院した時点よりモヤモヤが広がっていたけれど夜のレントゲンでは入院時

       と同じレベルに戻ってきていたと説明を受けました

       今日サーシャの様子を見に行く事に

       面会室にサーシャを連れて来ていただいた時にはちゃんと立って歩けていて 大分よくなっている

       ように感じました

       

       

       

        食器にご飯を入れて 「食べさせてください」と渡された中を見るとフードが硬いまま入って

        いたので看護師さんにふやかしてあげていただくようお願いした

        サーシャは帰りたそうで 私が他の方に気を取られている間に面会室のドアを開け出て行ってし

        まいました

        あらあら 大変

        「しっかりご飯を食べて元気にならないと帰れないんだよ」

        硬いフードを少しと鶏肉のウエットフードをほんの少し食べただけで残してしまいました

       

        あとで先生のお話しがあり 今日のレントゲンではだいぶモヤモヤが消えて肺はきれいになって

        きていて

        白血球は正常値 CRPは9・6 

        短期間に一気に下がって来ました

        先生が一番心配しているのは なぜ肺炎になったのか

        原因がわからないと次に抗がん剤治療に移るのに不安材料ができてしまった事になります

        サーシャの体で抗がん剤治療は耐えられるのだろうか

        

        うちでは 狭い入院室で起き上がれなかったらどうしようとか ずっと寝ていたら床ずれができてしまう

        のではないかとか もう立って歩けないのではないかとかずっと心配していましたが 今日の様子で

        少し安心しましたが 今度は入院がきっかけでご飯食べなくなったらどうしようとか

        別な心配が湧いてきました

        とにかく早く退院できますように

        

       

        

      • 0
        • -
        • -
        • -
        • -

        1/14 今日のサーシャ

        • 2019.01.14 Monday
        • 10:58

         

          昨日病院からお電話でサーシャの生検の結果のお知らせをいただきました

          結果 組織球性肉腫と言う事でした

          検査に出してからガンの種類を特定するまでに時間がかかりました

          前回の診察の際 中間報告があったそうでその可能性が高いと言う事で組織球性肉腫について少し

          お話しがありました

          骨肉腫よりたちが悪いと先生はおっしゃった

          ゴールデンとかリトリバー犬種がよく罹るガンだそうで お薬を使っても余命120日だそうです

         

          昨日は一日寝てばかりいてそのせいか自分で起き上がるのもしんどそうでした

          サーシャの場合は腎臓の方もあるので様子をよく見ていなければなりません

          今朝 まだそんな具合だったら病院に行こうと思っていたのですが 他の子より少し目覚めは

          遅かったけれど自分で起き上がってくれて ご飯もしっかり食べ お顔の表情もよさそうです

          昨日の点滴が効いているかな 点滴をした翌日は体調がいいみたい

          カリウム値が高いので 輸液は先生の指示で生理食塩水とブドウ糖液200ccずつを入れました

          堀先生が今日明日お休みだそうで このぐらいなら自宅で様子を見る事にしました

         

        私達が食事している時にいつものおねだりにも来ました

         

          よいお天気だったので向いの公園でゆっくりお散歩しました

          少し前は公園もよく歩いたけれど 今日はあまり興味を示さず少し歩いて適当なところで切り上げました

         

         

         

         

          

         

         

          

        • 0
          • -
          • -
          • -
          • -

          1/12 レイ君

          • 2019.01.12 Saturday
          • 14:20

           

            ジニーの子 SAITOレイ君がお耳セットの相談に来られました

            男の子だけれど小ぶりで 大人の毛がモコモコ出て来ていてこれから成長と共に長くなる

            のが楽しみな様子でした

            うちにいた時に撮った写真と変わらずそのまま大きくなったようでかわゆい♡

           

          生後50日

           

          お顔変わってない^^

           

            今までおうちで順調にセットをしていただいていて 6か月になった現在の状態を見させて

            いただきました

            どうしてもみなさん片耳が取れやすく レイ君も向かって左がよく取れるそうで

            今度はやり方を変えて取れにくいように貼りました

            やっている時は大変だと思うのだけれど15年の犬生のほんの最初の8か月間

            今だけ頑張ればかっこいいお耳がついた素敵なお顔になります

            あと少し頑張ろうね

            

           

           

           

            

          • 0
            • -
            • -
            • -
            • -

            1/5 サーシャの診察

            • 2019.01.04 Friday
            • 23:52

             

             昨日病院が今年初めの診察日になったのでサーシャを連れて行ってきました

             病院はお休み明けでとても混んでいました

             今度は早めに行けたので院長の堀先生を指名して診ていただけました

             もう一度股関節の上の膨らんだところに針を刺して診ていただいたところ今度は腫瘍組織が出たと

             の事 ガンと確定しました

             覚悟はしていましたががっくりと全身の力が抜けました

             ただここの部分のガンにも色々種類があるのだそうで それがはっきりしないと治療方針も経たない

             それにはもっと太い針を刺して組織を取って生検に出す必要があるとの事

             

             それから1週間お薬を飲んで再度血液検査をしていただくと高かったところは更に高く

             おまけに腎臓の数値まで高くなっていてさらにびっくり

             痛み止めの薬の一時的なものだろうと言う事でまず帰って今晩自宅で皮下点滴をして 

             明日朝から病院で静脈点滴をしながら検査に出すための組織を取ると言う事になりました

             取りあえず検査の結果を待って それまでに体調を回復させ出た結果のガンに対処して行く事に

             なりました

             その晩 自宅で皮下点滴をしました

             サーシャは針を刺してもぐったり寝ていて起きませんでした

             

             そして今日は一日病院で点滴

             早起きして朝一番に病院に行きました

             点滴をしながら お尻のふくらみに局所麻酔を使って組織を取る事もお願いしている

             夕方迎えに行って先生のお話しでは病院で朝と夕方の2度目の血液検査ではクレアチニンは正常値に戻り

             ました

             明日また一日点滴をしましょうと言われ帰ってきました

             最初にガンと言われてかなり落ち込んだけれど種類によっては抗がん剤が効くタイプのガンもあるし

             人間の丸山ワクチン的なお薬 副作用がなく犬によってはガンの増殖を長く抑える効果が期待できるお薬も

             あるそうで まずは生検の結果が出るまで待つ事に 

             飼い主によっては何もやらず自然に任せる選択肢もあると思うけど

             やっぱり私は病気と対峙し戦って行く事を選択してしまう

             これからサーシャと頑張って行くぞと新たに思ったのでした

             

             

             

             

             

            • 0
              • -
              • -
              • -
              • -

              1/2 明けましておめでとうございます。

              • 2019.01.01 Tuesday
              • 17:56

               

               いつも年の暮れはバタバタ バタバタ バタバタバタバタで終わってしまうのですが

               それでもなんとか最後は1年を振り返り みなさまにご挨拶をして終わるのがいつもの年の暮れでしたが

               今年はそれさえもする時間がないまま 気が付いたらもう2019年に突入していました

               4月 ショコラの病院通いで頭がいっぱいだったジャパンインターで セーラがとっても頑張ってくれた

               活躍を十分褒めてあげられなかったので 

               せめてFACEBOOKに動画を載せてあげようと思ったら大変!!

               慣れない操作に6時間もかかり 他の何もできなくなってしまいました

               ほんとうに私はこういう類が苦手です

               

               遅くなりましたが昨年はみなさまに大変お世話になりました

               謹んでお礼申し上げます

               今年もどうぞよろしくお願いします

               

               サーシャは昨年末の診察の翌日にはまた一人で起き上がる事ができ ほっと一安心

               昨日のサーシャは表情が優れず 元旦からやっている病院を検索し行こうかと思いましたが

               ゆっくりながらも朝ご飯を全部食べ おやつも食べているのだからと思い行くのを留まった

               暮れにやった血液検査を改めて見ると カリウムの数値がとても高くてびっくり

               何で高いのか不思議で

               これ以上上がったらあぶない数値です

               おかしい!と思ったらいつでも行ける状態にしておいて様子を見る事にしました

               

               今日のサーシャは昨日より気分がよいようで 主人が公園に抱いて行って軽い散歩をさせたら

               クンクンしながらよく歩いていたと言うのでまだそこまで緊急事態ではなさようで

               とにかく4日の診察日まで何事もない事を願う事に

               

              今朝のサーシャ

               

               

               

               2日は恒例のうちの新年会

               残念ながら甥の娘の茉央ちゃんがお正月から具合が悪くなり欠席したので5人の新年会になりました

               90を過ぎた母はもうお正月の料理を作れなくなったと言うので今回初めて仕出しを注文 

               得意の茶碗蒸しだけ作ってもらった

               松花堂弁当のようなタイプのお料理にお椀とご飯漬物がセットになったものを届けてきて

               部屋まで運んでテーブルクロスをかけてセッティングまでしてくれました

               

               

               

                あとお皿を洗う手間もないしこれから仕出しが手っ取り早くて楽だなと思いました

                昨日も今日も穏やかに晴れ 風もない暖かい日でした

                ほんとうに関東は申し訳ないぐらい住みやすいとつくづく思います

                子犬達は日中の一番暖かい時間帯だけお外で過ごすようになりました

                ものすごい勢いでクルクル走り回り2か月を過ぎ さらにパワフルになっています

               

              二階からの眺め

               

                

                お正月は毎年穏やかでお天気もいいのだけれど 今年も真冬でもこんな暖かくてありがたい

                

               

                

               

               

              • 0
                • -
                • -
                • -
                • -

                2019年 元旦

                • 2019.01.01 Tuesday
                • 00:55

                 

                               2019年元旦

                 

                 

                 

                明けましておめでとうございます

                 

                                                                 本年もどうぞよろしくお願いします                                                                          

                 

                 

                 

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -
                  • -

                  12/28 サーシャ

                  • 2018.12.30 Sunday
                  • 11:53

                   

                   元気でお茶目なサーシャ

                   14才の今でも私のエプロンを引っ張ったりローラにちょっかいを出したりとわか犬のような

                   しぐさで笑わせてくれていますが 

                   ここ1・2年腰が悪くなりこの頃は床ですべって起き上がれなくてもがいていたり 向かって右側の足を

                   びっこ引いている日もあって そのせいですぐこけるようになりました

                   腰だろうと思いそのたびにレーザーを当ててもらっていましたが

                   今朝だっこした時に股関節あたりの肉が左右違う事に気が付き 前も「あらって」思ってはいた

                   のですが今日ははっきり膨らんでいる事を確信し午前中病院に行った

                   レントゲンを撮って診てもらったら痛い方の大腿骨の付け根が黒くなって欠けているように見えました

                   先生は骨肉腫ではないかとおっしゃって 大きい病院で検査しないとわからないとおっしゃった

                   年寄りはいずれは何か病気になるだろうと覚悟はしていたけれど いよいよきたかとがっくりして帰って

                   きた

                   また川崎を紹介してもらえば時間も費用もかかる・・

                   どこか一般の病院でないだろうかと考えている時に Hさんから辻堂犬猫病院の堀先生の名前を

                   出してくださり 昔散々通っていた辻堂に行く事にしました

                   

                   辻堂犬猫病院は昔通っていた場所から移転して大きい道路の沿線にあって行くのには便利なところに

                   なっていました

                   堀先生が杉並動物病院からこちらにご自分の病院を開院された当初にいち早く伺って診察して

                   いただいたのでした

                   同じ県内にあってもうちから1時間もかかる事 だんだん犬が増えて子犬がいると長時間家を開けられない

                   と言う事にもなってきて足が遠のいていたのでした

                   堀先生は腫瘍の権威なのをすっかり忘れていました

                   昼は用もあって夕方病院に行けたのは6時を過ぎていて堀先生は指名できないと言う事で別な先生

                   に診てもらいました

                   

                   同様にレントゲン検査したところはやり同じような画像でしたが 先生は骨肉腫だとできる場所が違う

                   事 骨肉腫は激痛がある事

                   サーシャは後ろ足を触ってもそれほど痛がらないし 足をついて歩ける事

                   などを考えて骨肉腫ではないだろうと言う診断でした

                   股関節の上のふくらみは 針を刺して中を検査したら油で がん細胞は出てこなかったそうです

                   ここのところサーシャらしい元気がない事を伝えるとエコー検査と血液検査をやっていただき

                   CRPが6・5にもなっていてびっくり

                   取りあえずこの骨がどうなっているかは麻酔をかけてCTを撮ったりもっと検査をしていかなければ

                   ならないから今日の段階では炎症を抑える抗生剤を飲んで様子を見る事になりました

                   診察を待っている間IPADで骨肉腫を検索すると

                   それと分かった時にはもう他のところに転移している場合が多く 断脚しても全快はしないのだそう

                   また骨肉腫に有効な抗がん剤がない事などが書いてあった

                   ここで慌ててもどうにもならないようなので 先生の指示に従いお薬を飲ませてまた年が明けたあと

                   どうするか相談しながら進めていく事にした

                   

                   サーシャは午前中と午後 痛い後ろ足をぐりぐりといじられたので家に帰って自分で立つ事ができな

                   くなっていました

                   立たせてあげればトコトコ歩いてくれます

                   帰って早速昔メグが骨盤骨折をした際に「みなとよこはま動物病院」で紹介してもらって買った 床ずれ

                   防止マットを出してきて引いてあげました

                   サーシャは去年のクリスマスにベットを買ってあげたのはあまり喜ばなかったのだけれど

                   このマットは寝心地がいいみたいで気に入ってくれました

                   ・・・ってサーシャだけでなくティアラもローラも気に入って空いていれば我さきに寝てしまうので

                   肝心のサーシャが乗れない

                   そんなに敷き心地がいいんでしょうか

                   

                  こんな具合の悪そうな顔のサーシャは初めて見ます

                  床ずれ防止のマット みんなで乗ってしまいます

                  トゥルースリーパーみたいな物ですがスポンジのようなものではなく

                  帝人製のしっかりとした弾力があるマットで点で支えるタイプ

                  かなりすぐれたマットです

                   

                   

                   大変な年の暮れになりました

                   生き物を育てている者として 年末年始 お盆 ゴールデンウイークは大嫌いです

                   日本中が機能を停止してしまうから それに車で動こうにも道路は混んでいる

                   私にとって1年を通じて365日24時間休みなく動いていて そんな人間が勝手に作ったくくりなど関係ない

                   悩ましい1週間です

                   

                   

                   

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -
                    • -

                    12/23 24 26 子犬のお迎えが始まりました

                    • 2018.12.28 Friday
                    • 09:42

                     

                     いよいよこの日が来てしまいました

                     おとなしくてワンワンキャンキャンの声を聞いた事はほとんどありませんでした

                     

                     

                     23日

                     トップバッターはブルーマールのかえでちゃん

                     静岡からお越しのSHIRATORIさまのおうちの子になりました 

                     1年お待ちいただいていましたが 生まれた時はご希望のブルーマールの女の子が産まれほっとした

                     のでした

                     新しいお名前はリリアちゃん

                     動物病院の看護師をしていらっしゃるので細かい説明など不用でした

                     お迎えの今日に限ってみんな下痢したり吐いたり 体調不順になってしまい

                     悩みましたが子犬はとっても元気で食欲もあった事

                     看護師さんをしていらっしゃる白鳥さまにはお渡しをしても大丈夫かと思い

                     予定通りお迎えに来ていただきました

                     セリアお姉ちゃんがいるから寂しくないね

                     どうぞよろしくお願いします

                     

                     

                     

                     

                      24日

                      今日のお迎えはいちょう君

                      色が濃い目のシェルティがお好きなSETAGAWAさまには夏からお待ちいただいていました

                      お住まいがすぐ隣の市なので何かとお世話もできると安心です

                      今日はお迎えにおいでいただけませんでしたがお嬢様が楽しみにしていらっしゃいます

                      どうぞよろしくお願いします

                     

                     

                      

                      26日

                      今日のお迎えはこのみちゃん

                      KATAHIRAさまには遠く静岡からおいでいただきました

                      先代のシェルティちゃんもトライでした

                      新しいお名前はナツちゃんです

                      どうぞよろしくお願いします

                      

                     

                     

                     

                     

                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -
                      • -

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM